お金を借りる人の特徴を取り上げてみました

お金を借りる人にも、実は意外と特徴があるということはご存知でしょうか?
他人ならまだしも、もし自分がそのお金を借りる人の特徴に当てはまる部分がたくさんあったとしたら、やはりそれはそれで気になるものですよね。
では一体、そもそもお金を借りる人の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。
今回は、お金を借りる人の特徴をいくつか取り上げてみました。

・金銭感覚がマヒしている
やはり基本はこれがあげられるのではないでしょうか。
もちろん人それぞれ、自分の経済状況上、金銭感覚に違いがあるのは当然です。
ですが、自分の経済状況をはるかに超えた散財っぷりがうかがえる人は、その分気にせずにお金を借りたりしてしまうため、金銭感覚がマヒしていると言えそうです。

・嘘をつくことが多い
とにかくお金を借りまくる、借金癖がある人の特徴としてこの嘘をつくことが多いという部分は、よく取り上げられているようです。
嘘だとわかる嘘をついているパターンも多いようですが、中には嘘だとわからない嘘もあるようです。
ですが、どちらにせよ嘘をつくことに対して全く気にしていないという傾向があります。

・ギャンブルが好き
やはり並外れたギャンブル好きはすぐにギャンブルにお金をつぎ込んでしまうため、手元にお金が無くなってしまった場合は、すぐにお金を借りる傾向があるようです。このように(http://www.s-ntc.com/)、即日融資も簡単にできてしまいますからね。
多額の借金をしている人の中には、ギャンブルにつぎ込んでしまい、借金を背負ってしまった…という話題もよく耳にします。
やはり、ギャンブルにのめり込みすぎてしまっている人は気を付けたほうがよさそうです。

・だらしがない
自分が使える範囲のお金を把握していないなど、だらしがない人もやはり特徴としてあげられるのではないでしょうか。
お金を借りても、いくら借りたのかを把握することもせずどんどん借りてしまう方も、やはりお金の管理がきちんと自分でできていないわけですから。
きちんと自分のお金を管理できている人は、貸し借りしたお金の管理も徹底しているものです。

・あまりにも楽観的
お金を借りてもすぐに返済できるから大丈夫~などと、お金を借りることに対して楽観的過ぎるタイプも特徴のひとつです。
この「すぐに返済できるから大丈夫」が積もり積もってそれなりに大きな金額となってしまい、返済に苦労してしまうのです。
ですが、楽観的にあまりにも考えすぎて全くそこが気にならないというのも、お金を借りる人の特徴だといえます。

いかがでしょうか?これはまだお金を借りる人の特徴のほんの一部です。
もちろんすべてが当てはまるというわけではないですが、このようにお金を借りる人には特徴があると言われているわけですから、もしこのような特徴に当てはまる場合は気を付けたほうがいいかもしれませんね。

りそな銀行カードローンは即日融資に対応している?

上記に当てはまってない人、もしくはそんな事を言われてもお金を借りたい人は多いと思います。
消費者金融のカードローンでは即日融資に対応している業者が多くなってきていますが、銀行系のカードローンではまだ即日融資に対応しているところはいまだ数少ない、というのが現状です。
銀行では三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行では即日融資に対応していますが、りそな銀行ではまだ対応していません。
りそな銀行のカードローンでは即日で対応が可能と明言されているのは審査までです。
審査通過後、実際にどれくらいの日にちで融資されるのかは個人のケースによって変動してくるため一概にはいえませんが、おおよそ一週間程度は掛かると見ておいたほうが良いでしょう。
そのため、すぐにお金が必要だという方にはあまり向いてはいません。
けれども、融資まで日にちに余裕が持てる場合には、りそな銀行のカードローンは充分おすすめできる商品です。
その理由には、まず業界でもかなりの低金利の水準を保っていること、口座開設を行わなくても利用ができること、最大借入金額が800万円と高額であること、銀行のキャッシュカードがあればそのカードでローンの利用ができること、そしてネット完結での契約が可能で、来店不要で申し込みから契約まで行えることがあげられます。
かなり利便性に富んだそれらのメリットを考えれば、迅速性を重要視しない場合には魅力的な商品であるといえるでしょう。

クレジットカードでおまとめローンの返済も可能?

クレジットカードを利用しておまとめローンの返済をしようとする人は、年々増加しており、早期に実績のある業者に問い合わせをすることによって、有意義なアドバイスをもらうことが重要です。特に、クレジットカードの種類によっては、おまとめローンの返済をする際に様々なトラブルが発生することがあるため、無料相談のサービスを利用しながら、信頼のおける貸金業者のスタッフと話し合いをすることがおすすめです。
手数料が安い貸金業者においては、おまとめローンの利用者に対するサービスが向上していることが知られており、短期間のうちに複数の業者の取り組みに注目をすることで、将来的なリスクに備えることが可能となります。現在のところ、おまとめローンの使い道について興味を持っている人が少なくなく、クレジットカードの利用者の体験談を参考にすることで、誰しも冷静に判断をすることができます。その他、各業者のパンフレットやカタログなどを参考にしつつ、おまとめローンの貸付金利や返済期間の長さなどにこだわることによって、人それぞれの収入額や借金の返済状況などに応じて、満足のゆくプランを選ぶことが出来るといわれています。
クレジットカードを作るために審査を受けるときには考えていなかったかもしれませんが、そのような利用のしかたもできるということです。
おまとめローンとは、複数のローン会社からの借入金を一つのローン会社にまとめる方法を指し、利点としては、月々に支払う利息の減少、月に複数回行う必要のある複数ローン会社への利息や元本の支払いを1回にまとめることが出来る等が挙げられます。
なぜおまとめローンを行うと月々の利息が少なくなるのかというと、利息とは、その借金の額が大きければ大きいほど支払うべき利息のパーセンテージが減少していくので、複数のローン会社に利息を支払っていた時よりも、一本化した時の方が利息金額が減少するからなのです。
そんなおまとめローンですが、借金を一本化するわけですので、その分その金額は大きくなるので連帯保証人が必要になるのではないかと思われがちですが、一本化しても連帯保証人は原則必要とはなりません。
これは、複数のローン会社が保証会社の審査を通過させているので、連帯保証人は必要ではなく、収入証明書が必要になるか否かの問題になる、というわけなのです。
しかし、おまとめローンの審査に通ることが出来なければ、全ては絵に描いた餅に終わっていしまいます。
なので、自分がおまとめローンの審査に通過できるかどうかの確認は、事前に行っておくことをお勧めします。

破産すると、身分証明書に記載される!

生活苦に陥り借金を返済できなくなり、破産の道を選ぶこともあるでしょう。
では、その「破産した」という事実は、公に知られてしまうのか、気になるところだと思います。
まず、破産したことが、住民票や戸籍に記載されることはありません。
しかし、官報と破産者名簿には、氏名が掲載されることになります。
官報は、限られた場所でしか手に入らないので、一般の人に目につくことは究めて稀です。
また、名簿のほうは、本籍地をおいてある市区町村役場に保存されています。
では、いつ、この名簿が利用されるかですが、身分証明書や資格、免許などを取得するときに、確認されることがあります。
債務整理をすると、弁護士や司法書士、警備員などの職業に、一定期間つけないという制限が課せられる場合があります。
その制限を確認するために、この名簿が利用されることになります。
逆に言えば、証明書を必要とするシチュエーションがなければ、まったく目に触れないともいえるでしょう。
なお、破産者名簿は非公開となっているので、一般の人が勝手に閲覧することはできません。
本人が身分証明書を必要とし、役所で証明書の発行を申し込まない限り、誰にも知られないともいえるでしょう。

任意整理をして良かったと思える場合

借金で首が回らなくなって任意整理を検討している人もいることでしょう。
任意整理は金融機関側と直接交渉して支払い可能な範囲内に借金を整理する手続きです。
破産手続きと違って裁判所は関係しません。
交渉にあたっては法律的な知識が求められるため、弁護士や司法書士に依頼する必要があります。
任意整理をしても借金は残っているので完全に借金生活から脱出できるわけではありません。
それでも、任意整理をすると良かったと思える点がいくつもあります。
まず、手続きが終了すればしつこい取り立ての電話や督促状は来なくなるので平穏な生活を取り戻すことができます。これだけでも手続きをして良かったと思う人が多いでしょう。
また、裁判所が関わらないので自宅に書類が送られてくる心配があまりありません。
家族に隠れて借金をしており、絶対にバレたくないと考えている人にとっては大きなメリットです。
もっとも1つデメリットがあります。
手続きをした金融機関からは今後お金を借りられなくなる恐れがあります。
しかし、お金を借りたら借金生活に逆戻りですからデメリットとは言えないかもしれません。
借金を抱えて困っている人は弁護士や司法書士に相談してみましょう。
ひとりで悩みを抱えていてもなかなか解決しません。
任意整理をして良かったと思えるようになるのが一番です。

自己破産において免責不許可となってしまう一例

債務整理のひとつの手段である自己破産は、それが裁判所に認められることによって借金の残債を帳消しにできる制度です。
そのため、自己破産後は借金の支払いに終われることなく、心機一転新しい人生をスタートさせることができるようになります。
しかしながら、自己破産というものは裁判所に対して申し立てを行ったからといって必ずしも認められるものではなく、免責不許可となってしまうケースも少なからずあります。
そうではない限り、キャッシングやクレジットカードなどを無計画に利用してその返済を逃れようと考える人が出てしまうからです。
自己破産における免責不許可となる具体例としては、借金をするようになった理由が競馬やパチンコなどのギャンブル、株式投資などの投資行為によるものなどがあります。
このような場合には自己破産が認められることはありません。
また、本当は借金を支払えるだけの財産を持っていながら、その財産を第三者の名義にして借金の支払いを継続していくのが困難であると偽ることなどがあります。
このような身勝手な借金の場合、免責不許可となってしまいたとえかなりの金額の借金が残っていたとしても、その返済の義務は免責されることはありません。

破産をすると抵当権がついているものは

破産をしますと抵当権がついている物件などは、そのまま取られることになります。
要するに差押さえをされるわけです。
破産をした時に複数の債権者がいる場合は、割合などを決める必要があります。
抵当権があるものは、それが設定されている人が優先されることになっています。
そのための抵当権ですから、当たり前といえば、当たり前ではあります。
破産をするのは、制度として認められているわけですから、それは問題はないです。
キチンと手続きをしており、隠し財産などを作っていないのであれば、制度として使うのは正当であるといえます。
ちなみに抵当に入っている物はともかくとして、多少の現金は残すことができるようになっています。
丸々、すべての現金まで持っていかれるとそもそも生活ができなくなるからです。
しっかりと基準があり、99万円の現金まではよい、とされています。
これを意外と知らない人が多いです。完全に丸裸にされるわけではなく、2ヶ月程度の生活費問題ないとされていますから、それは覚えておいた方が良いでしょう。
抵当になっている物件などは当然ですが、徴収されるわけですが、それでも人生を新しく始めるのにはとても良い制度であるといえます。

破産すると信用情報に最長で10年登録されます

自己破産をすると事故扱いとして信用情報に登録されます。
信用情報は日本には3つの会社がありそれぞれクレジットカード会社や消費者金融が照会するときに活用されています。
どんなことが登録されるのかといえば借金を契約した金融会社、借入れ額、遅延情報などです。
債務整理をすると信用情報にも登録されるので貸付業者が審査するときにチェックされます。
破産をしたときはどうなるかというと異動と表示されます。
異動というのは信用情報機関の別のファイルに異動したという意味で自己破産専用のファイルに記録されます。
A社では発生日から5年を超えない期間、B社では官報公告区分から10年を超えない期間となっているので最長で10年は残ることになります。
債務整理をしたときに債務者の個人的なコメントは載らないので大丈夫です。
あくまでもどんな債務整理を行ったのか、いつごろ借入して金融事故扱いになったのか日付や内容が記録されていくだけです。
遅延でも3ヶ月を超えると信用情報に載ってしまうので催促が来たら速やかに支払いしましょう。
法律事務所から催促が来るようになってしまうとその頃にはブラックリストに載っているころなので、多重債務になってきたら早めに相談した方が借金は軽くなります。

個人再生のとき自動車ローンが残っていると返す可能性があります

個人再生は破産と違って財産が没収されるということはないですが、自動車の場合はローンが残っていたときに持っていかれる可能性があります。
債権者から個人再生を行ったのだから車は没収しますと言われれば、債務者の方としては拒否することができないため持って行かれることになります。
車のローンが全部払い終わっていれば名義人の物として保有はできます。
債権者に所有権があるかどうかで決まってくるので、まだ支払いが残っているようなときは個人再生の場合、車を手放す可能性も残されていると思っておいた方が良いでしょう。
破産をした場合は財産の20万円以上の物は没収されてしまうので当然車も該当します。
生活に必要な場合は破産をせずに個人再生か任意整理にしておいた方が自動車は残せます。
多重債務になってくると自動車ローンもまともに払えなくなってきます。
購入して自分のつもりでも完済するまではクレジット会社の物です。
手続きに入ると自動車のローンを払ってるから他の借金は払えないという言い訳は通用しなくなります。
ローンがもし残っていて個人再生するなら車の方だけでも先に完済しておいた方が安心です。
任意整理でも借金は軽くできるので車に乗り続ける予定なら弁護士に相談しましょう。

任意整理をしてもクレジットカードが作れた

クレジットカードを利用し、延滞などがあった場合には金利が膨らみあがり支払いが困難になることがあります。
しかし、どうしても返済が困難な場合には金利を支払わずに元金のみを支払う任意整理があります。
任意整理をした場合には全ての金額を返済してから数年間はクレジットカードを作ることができませんが、例外もあります。
では、任意整理をしてもクレジットカードを作れた人はどういう人なのでしょう。
実は、クレジットカード会社は会社によって審査方法が異なり、ほとんどの会社が金融情報を照会しますが、一部の会社では金融情報の照会をせずに会社独自の審査を行う会社もあります。
一度、任意整理をした人が再度審査に申し込む場合には一番確実なのは全てを返済してから約5年後に申し込むことが望ましいでしょう。
5年が経過してから審査に申し込んだ結果、クレジットカードを作れたという人は非常に多くいますので、任意整理をした人は一生、カードを作ることができないということはありません。
カードは計画的に利用することが望ましいのですが、一度、返済ができなくなった人は非常に慎重に利用をする傾向にあります。
しかし、実際にカードの審査に通過したときには、カードが作れたという大変に嬉しくなってしまうでしょう。

債務整理後のローン審査には注意が必要です

借金は中々、自身が思い描いている様に返済計画は進んでいかないので自身の努力だけでは完済するのは難しいというケースもあります。
この様な借金問題に苦しんでいるという方は債務整理という手段を取るのが一般的です。
債務整理は法律の専門家のもとで、債務を減らしたり、帳消しにしたりするというものです。
毎年数多くの方々がこの債務整理という道を選択して、再建を試みています。
債務整理は自助努力ではどうしようも無い状態の時に非常に助けになりますが、注意すべき点もあります。
それはその後の影響です。債務整理は借金を減らしたり、帳消しにしてしまう、とてもインパクトの大きい手段です。行うにはそれ相応のペナルティも生じてきます。
例えば、金融機関が審査を行う際に利用する信用情報機関にブラックリストとして掲載がされてしまったり、財産のすべて、あるいは一部を没収されてしまうという事が起こりえます。
特に気をつけたいのが住宅ローンです。30代や40代の方の場合、この手続きを行って以降、生活が好転し、住宅ローンを組んで家の購入などを行うという道も大いに考えられます。
しかしながら、この手続きを行ってしまうと一定期間、情報が残ってしまうので、住宅ローンの審査に通らず、ローンが組めなくなります。
もちろん、住宅ローン以外の審査も同様なので、実際に手続きを検討している方は注意しましょう。